XM FX

「海外FXはローリスクって聞いたけど本当?」という疑問を持つ方は多いと思います。仕組みがよくわからず不安を募らせている方もいるでしょう。結論から述べると、ゼロカットシステムを導入している海外FX業者を選べば、損失を限定できる可能性があります。

ただ、同システムが、事業者がトレーダーの損失をカバーする仕組みとなっている反面、注意点がないわけではありません。

この記事では、ゼロカットシステムの概要とメリット・デメリットを解説するとともに関連が深い追証についても説明しています。
以下の情報を参考にすれば、海外FXはローリスクといわれる理由を理解できるはずです。海外FXについて理解を深めたい方は参考にしてください。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムは、海外FX業者の多くが採用している独自のシステムです。
主な特徴は、急激な相場変動で口座残高を超える損失が発生したときに、海外FX業者が損失分を負担してくれるという機能を持っている点です。

国内FXで同様の出来事が起こると、追証をはじめとするトレーダー側の対処が必要になります。具体的に、どのように対処しなければならないのでしょうか。

追証とは

国内FXでは、取引金額に対する有効証拠金(含み損を含む証拠金の額)の割合がFX会社の定めるラインを下回ると、追加で証拠金を入金しなければなりません。これを追証(=追加証拠金)といいます。
追証の基本的な流れは次の通りです。

取引金額に対する有効証拠金の割合(=証拠金維持率)が一定のラインを下回ると、期日までに維持率の改善を求められるマージンコールが発生します。ここで必要になるのが追証または保有通貨の一部の決済です。いずれかで対処しないと、ロスカット(=強制的な決済)が発生します。

ちなみに、追証と関係が深いと考えられるのがレバレッジ取引です。
レバレッジ取引は、預け入れた証拠金以上の取引を行える仕組みを指していて、少ない資金で大きな利益を狙えますが、相場が想定外の動きをすると損失も大きくなってしまいます。

損失額が大きくなると、急激な相場変動で証拠金維持率を割り込んでしまう確率が高くなってしまうため、そうしたリスクをしっかりと理解したうえで取引を行う必要があります。

ここまでの説明でわかる通り、海外FXと国内FXでは損失が発生したときの仕組みが大きく異なります。目的に合った取引を行うため、仕組みの違いを理解しておくことが大切です。

海外FX業者がゼロカットシステムを採用する理由

ゼロカットシステムは、一見するとトレーダーにしか利益がない仕組みに見えます。しかし実際は、採用する海外FX業者にとっても一定の魅力がある仕組みです。

最も大きなメリットは、追証をなくすことでトレーダーに安心して取引してもらえることです。これにより、口座開設の敷居を下げることや積極的に取引してもらうことが可能になります。

また、未払いの追証が発生しない点もメリットとしてあげられます。未払いの追証が発生すると、訴訟などで対応しなければならず、余計な負担が発生しますので、その点でもトレーダーにとってはありがたい仕組みになっています。

以上からわかる通り、ゼロカットシステムはトレーダーだけでなく海外FX業者も魅力を感じられる仕組みになっています。だからこそ、多くの海外FX業者が採用しているとも言えます。

国内のFX業者がゼロカットシステムを採用できない理由

業者にもメリットがあるのであれば、国内FX業者もゼロカットシステムを採用しているはずと考える方は多いでしょう。
しかし残念ながら、国内FX業者はゼロカットシステムを採用できません。

理由としては、法律でトレーダーの損失を業者が補填することを禁止されているからです。そのため国内のFX業者はこのシステムを採用したくても採用できない、というのが現状です。

ただ、国内で普及していないからといって、システムそのものに問題があるわけではありませんので、特に初心者の方は安心してください。

 

・関連記事>>>初心者必見!海外FXの特徴から始め方を解説!

ゼロカットシステムによるメリット

おおよその内容がわかっても、不安を解消できない方はいるでしょう。次に理解しておきたいのが、期待できるメリットです。

ゼロカットシステムの主なメリットとして以下の2点があげられます。

メリット①借金を背負わない

最も大きなメリットは、取引の損失を預け入れた証拠金に限定できることです。
証拠金以上の損失は、海外FX業者が負担してくれるため、借入を利用せず証拠金を用意すれば、FX取引により借金を背負うことは基本的にありません。
参考に、以下の例を紹介します。

【取引例】

  • 預け入れた証拠金:10万円
  • レバレッジ:10倍
  • 1ドル=100円のときに10,000ドルを購入

以上の取引で、為替相場が1ドル=85円に変動すると15万円の損失が発生します。国内FXではこの金額が損失額になります(証拠金10万円+追証5万円)。
ゼロカットシステムを採用している海外FXでは、損失を預け入れた証拠金の10万円に限定できます。損失額が100万円などのように高額になってしまった場合も同様です。
リスクをコントロールしやすい点は大きなメリットといえるでしょう。

ただし、損失が発生すると預け入れた証拠金を失う点は国内FXと同じです。
ゼロカットシステムを採用していても、リスクを完全になくすことはできないため、計画的に運用することが重要です。
「損失をなくす」ではなく「損失を限定する」仕組みであることを押さえておく必要があります。

メリット②ハイレバレッジを活かした攻めのトレードが可能

もうひとつのメリットは、レバレッジを利かせた取引を行いやすいことです。

レバレッジを利かせるデメリットは、損失額が大きくなりやすいことといえるでしょう。預け入れた証拠金が同じ10万円でも、レバレッジにより取引可能額は異なります。
例えば、レバレッジ10倍であれば100万円、レバレッジ25倍であれば250万円まで取引できます。取引額が大きくなると、想定される利益とともに損失も大きくなります。

追加証拠金制度を導入している国内FXでハイレバレッジを利かせた取引を行うことは、ややリスクが高いと考えられます。損失額が大きくなると、追証のリスクが高まるからです。

これに対し海外FXは、追証がないうえ預け入れた証拠金以上に損失を負うこともないため、ハイレバレッジを利かせた取引を行いやすいです(ゼロカットシステムを採用している場合)。

とはいえ、ハイレバレッジを利かせると、ハイリスク・ハイリターンな取引になる点は変わりません。条件によっては、一瞬で預け入れた証拠金がなくなってしまうことも起こりえますので、メリットが「リスクの限定」にとどまる点には注意が必要です。

ゼロカットシステムによるデメリット

よくメリットばかりが言及されがちなゼロカットシステムにも、「実は隠れたデメリットがあるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

幸いなことに、多くのサイトでも説明をしているように、トレーダーが不利益を被るようなデメリットはありません。基本的には、安心して利用できる仕組みと考えてよいでしょう。また業者にもメリットがある仕組みであるため、「隠れたデメリット」を心配する必要はありません。

ただし、日々の運用と業者選びには注意が必要です。

ゼロカットシステムに伴う注意点

取引を始めるにあたり、気を付けたいポイントとして以下の3点があげられます。
これらを無視していると、トラブルに発展する恐れがあるため注意が必要です。

注意点①業者によっては「追証なし」の約束を破る可能性がある

事前の説明と異なり、追証を請求されることがあります。このようなトラブルは、海外FX業者の損失が大きくなりすぎたときに起こりえます。
過去には、スイスフランショック時に一部の海外FX業者でこのような事態が起こりました

スイスフランショックは、2015年1月に起きたスイスフランの急騰です。
スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が為替介入の中止を発表したことで、約20分の間にドル・スイスフランは2,800pips程度も変動しました。

大きな変動を引き起こした理由は、スイス国立銀行が世界通貨基金(IMF)にも通知せず方針の転換を打ち出したからとされています。
想定外の方針転換が、為替レートを大きく変動させた例といえるでしょう。

相場が急激に変動すると、追証を求めることなく海外FX業者が倒産してしまうこともあります。海外FX業者の多くはリスクを想定して分別管理(自社の資産とトレーダーの資産を別々に管理すること)を行っていますが、具体的な対応状況はさまざまです。

中には、特別な対策を行っていないところも存在していて、対応状況によっては預け入れた証拠金が返ってこないこともあるため、資産管理の方法には注意が必要です。

以上のリスクが存在するため、ゼロカットシステムを採用していたとしても海外FX業者選びは慎重に行わなければなりません。そのため、信頼性を確かめてから選ぶことが重要です。

注意点②ゼロカットシステムが適用されないケースがある

海外FX業者の中には、両建て取引を制限しているところがあります。両建て取引は、同じ通貨ペアで売りと買いのポジションを同時にもつ取引方法です。適切に活用することで、損失を固定できるため、メリットの大きな方法ですが、一部の海外FX業者は禁止しているため誤って利用すると不正トレードとみなされる恐れがあります。

不正トレードに該当すると、取引で得た利益が取り消されてしまう上に、口座が凍結されることも考えられます。

具体的な対応状況は、海外FX業者で異なります。
ひとつの口座で行う両建て取引は、一部の業者を除き基本的に認められています。

これに対し、複数口座を利用した両建て取引は禁止しているところが少なくありません。複数業者を活用した両建て取引も同様です。ゼロカットシステムは、口座単位で運用しなければならないと考えられています。

 

・関連記事>>>海外FXで複数口座を使って取引をするメリット・デメリット

 

別々の海外FX業者を利用すればバレないと考えてしまいがちですが、バレない保証はありません。一部の海外FX業者は、業者をまたぐ両建て取引を発見する仕組みをもっているため、両建て取引を行いたい場合は、規約を確認したうえで禁止されていない業者を見つけるべきといえるでしょう。

注意点③高いスプレッドが設定されている

海外FX業者の多くは、取引回数が増えるほど自社の利益も多くなる仕組みを採用していて、主な利益といえるのがスプレッドです。

スプレッドを簡単に説明すると、買値(ask)と売値(bid)の差額です。例えば、ask(買値)が100.850でbit(売値)が100.800であれば0.05円(5銭)がスプレッドになります。この金額が、海外FX業者の利益になります。スプレッドは、海外FX業者に支払う手数料と言い換えてもよいでしょう

海外FX業者は、スプレッドを割高にしている傾向があります。特に、追証を求めない海外FX業者はこの傾向が強くなり、業者によっては国内FX会社のスプレッドに比べ10倍以上になることも少なくありません。取引にかかるコストが多くなりやすい点には注意が必要です。

スプレッドの設定も、海外FX業者を選ぶ前に確認しておきたいポイントといえます。

運営者がオススメする海外FX業者

海外FXを始めるときは業者選びに注意が必要です。実際に業者選びを始めると、条件が複雑で悩む方が多いでしょう。ここからは、運営者がおすすめする海外FX業者を紹介します。

XMTrading

ゼロカットシステムを採用している代表的な海外FX業者です。
マイページ内に苦情フォームを設けているなど、海外FX業者とは思えないほどカスタマーサービスが充実しています。もちろん、このほかにもさまざまな魅力があります。

 

・関連記事>>>XMとは?メリット12選とデメリット5選をトレーダーの評判とともに解説!

 

代表的な特徴といえるのが、メジャー通貨ペア・マイナー通貨ペア・エキゾチック通貨(55種類+)ペアの取引に対応していることです。

最少で10通貨から取引できる点も見逃せません。目的などに合わせて、資産を柔軟に運用できる可能性があります。レバレッジを1,000倍まで利かせられる点も魅力です。

仕組みを正しく理解すれば、損失を限定しながらハイリスク・ハイリターンな取引にも挑戦できます。入出金手数料がかからない点、手数料の設定がわかりやすい点も魅力です。

どの海外FX業者を選べばよいかわからない方は、まずはXMTradingから検討を始めてみるのをおすすめします。

GEMFOREX

GEMFOREXも、人気の高い海外FX業者のひとつです。
XMTRADHINGには劣るものの、メジャー通貨・マイナー通貨・エキゾチック通貨を含む33種類の通貨ペアに対応していて、業界最高水準となる1,000倍のレバレッジを利かせられる点も魅力です。

その一方で、急激な為替変動で損失が発生しても追証を求められることは基本的になく、0.78秒以内に99.79%の約定を実現しているスピード感あるいは信頼性も強みです。

口座開設にかかる時間は最短で30秒、取引開始にかかる時間は最短で3分となっていて、今すぐ取引を始めたい方に向いています。

AXIORY

資金の分割管理とゼロカット保証を掲げている海外FX業者です。AXIORYが保有する資産と預かった資産を別に管理している点と取引残高がマイナスになると24時間以内に残高を0に戻してくれる点が魅力といえるでしょう。

日本語によるメールサポート、チャットサポートを提供している点も魅力で、海外FXに慣れていない方でも取引を始めやすい環境が整っています。

ただし、最大レバレッジは400倍となっているため、少額で取引をスタートしたい方にとってはやや物足りないかもしれません。

XMTradingで海外FXに挑戦

この記事では、ゼロカットシステムについて解説しました。
ゼロカットシステムを採用している海外FX業者であれば、急激な為替変動などで生じた口座残高を超える損失を負担してくれるため安心して取引を進められます。

ただし、過去には約束を反故にされたケースもあるため、業者選びには注意が必要です。どれを選べばよいかわからない方には、XMTradingをおすすめします。

XMTRADHINGの魅力は、サポートが充実していることとリスクを限定したうえで柔軟な運用が可能なことです。海外FXに興味のある方はまずはXMTradingを活用してみてはいかがでしょうか。