XM FX

「海外FXのA-bookとB-bookってどういうもの?」「A-bookとB-bookはどちらが優れている?」などの疑問を抱いていませんか。両者の違いがわからず、業者の選定を進められない方は多いでしょう。

これらは、業者が受けた注文の処理方法を指します。採用している処理方法で、業者の特徴は異なります。したがって、口座を開設する業者を選ぶ前に、これらの違いを理解しておくことが重要です。

この記事では、海外FX業者が採用しているA-book・B-bookの違いとそれぞれのメリット・デメリットを解説しています。さらに、採用している処理方法の見分け方、選び方なども説明しています。

以下の情報を参考にすれば、納得したうえで海外FX業者を選べるようになるはずです。

FX業者におけるA-book・B-bookとは?

A-book・B-bookは、具体的にどのような注文処理方法なのでしょうか。それぞれの概要とメリット・デメリットを見ていきましょう。

A-book

NDD方式で注文を処理することをA-bookといいます。

NDDは「No Dealing Desk」の頭文字をとった略語です。ここでいう「Dealing Desk」は、業者の窓口を意味します。つまり、業者の窓口を介さず注文を処理する方法をNDD方式と言います。

NDD方式では、トレーダーの注文を為替取引市場にそのまま流して処理します。ここで、売り注文と買い注文が合致したときに約定となります。ポイントは、業者が取引に関わらないことです。この点が、この後に説明するB-bookとの大きな違いといえます。

メリット

最も大きなメリットは、取引に業者が関わらないことです。したがって、レートを操作されるなどの心配をする必要はありません。安心して取引できる注文の処理方法といえるでしょう。

運用成績によらず取引で不利益を被りにくい点も魅力です。A-Bookの収入源は手数料だけで、トレーダーが取引を重ねるほど業者の利益は大きくなります。

したがって、自動売買などで大きな利益を得ても出金トラブルに巻き込まれるリスクは低いといえます。また、取引数の増加が業者の利益につながるため、取引環境も整備される傾向があります。

以上のほかでは、取引スタイルや取引量に関する制限が少ない点もメリットとしてあげられます。トレーダーの注文を為替取引市場にそのまま流すだけでよいからです。

例えば、制限を受けることが多いスキャルピングも、取引回数が増えると、業者の利益につながるため、A-bookでは歓迎される傾向があります。

デメリット

トレーダーの注文を為替取引市場に流すため、スプレッドの幅は広くなることが一般的です。また、手数料も割高になる傾向があります。そのため、A-bookは、取引にかかるコストが高くなりやすいといえます。

同様の理由で、市場の状況などによっては約定拒否が発生してしまう点にも注意が必要です。もちろん、スリッページが発生することもあります。

ただし、必ずしも不利な価格で約定するわけではありません。有利な価格で約定することもあるため、この点はケースバイケースで評価するべきと考えられます。

以上のほかでは、必要な証拠金の額が大きくなりやすい点にも注意しなければなりません。A-bookを採用している業者は、1ロットの通貨量を大きく設定している傾向があり、手元資金によっては、利用しにくいと感じる恐れがあります。

B-book

DD方式で注文を処理することをB-bookといいます。

DDは「Dealing Desk」の頭文字で構成される略語です。前述の通り「Dealing Desk」は、業者の窓口を意味します。つまり、FX業者が注文を処理する方法(業者とトレーダーが取引する方法)をDD方式というのです。

カウンター越し(Over The Counter)にやり取りをするため、DD方式は「OTC方式」と呼ばれることもあります。ポイントは、トレーダーの注文を為替取引市場に流さず基本的に業者が処理(保留)することです。この行為を「呑み」といいます。
一見すると怪しい行為に思えますが、一般的に行われている注文の処理方法です。

メリット

XMのボーナスの一例

B-bookの主な収入源はトレーダーの損失です。一定割合のトレーダーは負けるため、B-bookを採用している業者は安定した収益を確保しやすいといえます。
したがって、ボーナスやスワップポイントは充実しやすい傾向があります。

スプレッドの幅が狭いこと、スプレッドを固定している業者が多いことも強みとしてあげられます。これらの強みを打ち出せる理由は、スプレッドや手数料で大きく稼がなくてよいため、そしてトレーダーの注文を業者が呑んでいるためです。

そのため、B-bookは取引にかかるコストを抑えやすいといえるでしょう。

以上のほかでは、1ロットあたりの通貨量が少ない点やレバレッジの倍率が高い点も特徴としてあげられます。
一般的に、手元資金が少ない方でも、利用しやすい注文処理の方式と考えられます。

デメリット

B-bookのデメリットは、トレーダーの注文がどのように処理されているかはっきりとわからないことです。トレーダーの利益が業者の損失になる点も見逃せません。

これらの特徴があるため、意図的に約定を拒否される恐れやレートを操作される恐れが付きまといます。
また、トレーダーが大きな利益を確保すると、出金トラブルに発展することや業者の倒産につながることも考えられます。

その他には、取引スタイルに制限を受けやすい点にも注意しなければなりません。

海外FX業者のA-book・B-bookの見分け方

トレーダーが、採用している注文処理の方法を見分けることは難しいと考えられています。ほとんどの業者が両者を併用しているからです。

ただし、採用している方法を推測する方法がないわけでありません。実は、サービスの特徴を手掛かりにすることができます。

基本的には、スプレッドの幅が広い、手数料が高い、ボーナスがない、約定力が低いなどの特徴がある場合はA-book、スプレッドの幅が狭い、手数料が安い、ボーナスが充実している、約定力が高いなどの特徴がある場合はB-bookと考えられるでしょう。

ただし、これらの情報だけで完全に見分けることはできません。
両者の使い分けは、トレーダーの実績などをもとに行っていることが多いようです。したがって、利用中に変更になることも考えられます。

海外FX業者はA-book・B-bookのどちらを使うべき?

両者を比較して、どちらが優れているということはありません。それぞれに異なるメリットとデメリットがあるからです。特徴を理解したうえで投資スタイルに合っているほうを選ぶことが重要です。

透明性を確保できる代わりに取引のコストが高くなるA-bookは一般的に上級者に向いているといわれています。一方で、B-bookは、取引にかかるコストを抑えられるうえボーナスも充実しているため、初心者から中級者に向いているといえるでしょう。

どちらを選べばよいかわからない場合は、こうした情報を参考にするとよいかもしれません。

XMTradingで海外FXを始めませんか?

A-bookとB-bookの概要・特徴は以上の通りです。主な違いは、為替取引市場にトレーダーの注文をそのまま流すかどうかです。この違いにより、メリット・デメリットに大きな差が生じます。

とはいえ、一概にどちらが優れているとはいえません。取引スタイルを踏まえて、自身に合っている方を選択することが重要です。

口座開設を検討している方は、実績と信頼性に優れるXMTradingを利用してみてはいかがでしょうか。

 

・関連記事>>>XMとは?メリット12選とデメリット5選をトレーダーの評判とともに解説!