XM FX

資産形成のためにこれから海外FXを始めたいと考えている方に向けて、pipsの基本や表示方法、計算方法について解説します。
国内FXに慣れている方でも、海外FXであるXMでのpips表示に疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

XMではロットの単位が違ったり、通貨共通単位の計算方法がわからなかったりすることで、苦戦している方もいらっしゃるようです。
そこで今回の記事では、XMの通貨共通単位の計算方法や表示方法について、詳しく解説します。

記事を読んでいただければ、pipsとは何かとの基本から、通貨共通単位を用いた損失・利益の計算方法、取引中の表示方法までご理解いただけるはずです。
これからXMで海外FXを始めたいと考えている方・FX初心者の方は、お役立ちの記事としてご活用ください。

XMでのpipsとは?

XMにおける「pips」とは、トレード対象となる通貨において通貨における最も小さな単位の1%を表す単位です。
FXにて取引に利用される通貨は非常に多く、各通貨の単位により価格変動を示すと把握が大変になります。そこでFXでは各国の通貨において共通の単位として「pips」を採用しています。

通貨共通単位があることで、違う通貨の組み合わせでも同じ単位で値動きの幅を表せわかりやすくなります。
たとえばFXでメジャーな通貨である米ドルであれば、通貨における最も小さな単位は1セントです。1セントの1%は0.0001ドルであるため、1pipsは0.0001ドルとなります。

日本の円では通貨における最も小さな単位が1円となるため、1pipsは0.01円です。
その他の国の通貨についても同じように、通貨における最も小さな単位の1%で設定されています。

以上のように価格変動をわかりやすくするための、各国通貨の通貨における最も小さな単位の1%を示す単位がpipsです。

XMにおけるpipsの計算方法

XMにおける通貨共通単位を用いた計算方法は、大きく2種類にわけられます。
クロス円の場合と、クロス円でない場合です。
クロス円とは米ドル以外の通貨を、円と組み合わせる通貨ペアのことを指します。

それではXMにおけるpipsの計算方法について、円を含む取引の場合と、円を含まない取引の場合とで見ていきましょう。

クロス円のケース

米ドル以外の外国通貨と日本の円との通貨の組み合わせの場合の計算方法をご紹介します。計算式は次のように簡単です。

【計算式】
1pips = 通貨数 × 1%

次に、200,000通貨を取引した例で見ていきましょう。

200,000通貨×0.01(1%)=2,000円
1pipsあたりの損益は2,000円

基本的な計算式は通貨数に1%を乗じることで計算できます。
日本円を含む取引の場合は小数点第2位まで下がるのが計算の基本です。
そして日本円では1円が通貨における最も小さな単位となります。

そのため1円の1%として0.01を乗じて計算すれば、ストレートに損益が算出可能です。
通貨共通単位の数値が同じであっても、取引している通貨数により損益は変わる点に注意しましょう。

日本円を含む取引では上記の通り計算をしてください。

非クロス円のケース

通貨の組み合わせに日本円を含まない非クロス円の場合は、次のように計算します。

【計算式】
1pips = 0.0001 × 通貨数 × 各国の通貨レート

日本円を含まない取引の場合は、各国の通貨レートにより1pipsあたりの損益が変わることに注意してください。同じ取引通貨量であっても、通貨の組み合わせで選んだ通貨により変わるため、日本円を含む取引と同じ計算式では計算できません。

具体的な計算例として、ユーロ/米ドルで同じく200,000通貨を取引して、1ユーロが0.8円、1ドル100円だった例としてご紹介します。

  • 200,000通貨×0.0001×0.8ドル=1.6ドル
  • 1pips=1.6ドル×100円=1,600円
  • 1pipsあたりの損益は1,600円

クロス円では小数点第2位まで下がるのに対して、非クロス円の場合は小数点第4位まで下がります。日本円は通貨における最も小さな単位が1円なので、1円の1%で0.01円が1pipsとなります。

しかし米ドルの場合、通貨における最も小さな単位が1セントになるため、1セントの1%である0.0001ドルが1pipsとされる考え方です。
そのためpipsの単位は0.01ではなく0.0001で計算してください。

0.0001から算出された値に、さらにレートを乗じれば1pipsあたりの損益が算出できます。
上記は一例なので、もちろん各国のレートにより計算式は変わるでしょう。

日本円を含まない取引では最初にご紹介した計算式にあてはめて、各国のレートごとに計算を行ってください。

XMのpipsの損益計算方法

XMにおいて通貨共通単位で損失・利益の計算をする方法は、次のような計算式を基本とします。

【計算式】
変動pips = 決済時レート – エントリー時レート
トレードでの損益 = 変動pips × 1pipsの価格 × 取引通貨数 – 取引手数料などのコスト

単純に損失と利益を算出するのであれば、決済時レートとエントリー時レートの差を出すだけで算出可能です。
もし110.20円でエントリーして、110.40円で決済した場合は20pipsが取れたことになります。よって、算出された20pipsに1pipsの価格を乗じれば損益が算出されます。

ただしXMでは取引にコストがかかります。
そのため純利益を算出するには、取引手数料やスプレッドなどのコストも含めて計算することが必要です。

取引にかかるコストは平均的に、約2pips程度だと言われています。つまりXMでは約2pips以上の通貨共通単位を獲得して初めて、利益になるのです。

純利益を計算するには、変動pipsだけでなく、取引手数料などのコストも含めて計算すると正確に算出できます。

XMのpipsの表示方法

XMの初期設定では通貨共通単位が表示されていないため、表示できるよう設定を変更しましょう。XMのpipsを表示するには、次のように操作してください。

  1. 下部にある「取引」のタブにカーソルをあわせる
  2. 右クリックする
  3. 現れる「損益表示形式」をクリックする
  4. 現れたメニューの中から「ポイントで表示」をクリックする

上記の表示方法は、XMにおけるMT4とMT5でのやり方です。初期状態では損益について金額で表示されるようになっています。

XMにおけるMT4

しかし金額での表示では取引に感情が混じりすぎてしまったり、取引パフォーマンスを正確に判断できなかったりするでしょう。
そのため、XMで取引をする際には、上記の方法でpipsを表示しておくのがおすすめです。

XMにおけるMT5

通貨共通単位は計算機でも計算できますが、常に見られるように表示しておくと海外FXの取引における感覚をつかむためにも役立つはずです。
表示しておくとトレード中の損益がわかりにくくなり、基本に基づいた取引をしやすくなります。

XMではpips表示で根拠のある取引が可能

今回の記事では、XMのpipsの計算方法や表示方法について解説しました。
XMではリアルタイムに通貨共通単位を表示できるため根拠のある取引がしやすいため、ぜひXMで口座開設をしてpips表示機能を活用してください。

 

・関連記事>>>XMとは?メリット12選とデメリット5選をトレーダーの評判とともに解説!