XM FX

「XMTradingのマイクロ口座ってどんな口座?」「自分の取引スタイルに合っているかわからない」などと悩んでいませんか。
マイクロ口座は少額から取引を始めたい人や海外FXの初心者に向いている口座で、リスクを抑えやすい口座タイプと評価できるでしょう。

ただし、実際に口座を使って取引をする際にいくつか注意点もあります。
この記事では XMTradingが提供しているマイクロ口座の概要とメリット・デメリットなどを詳しく解説しています。

以下の情報を参考にすれば、自分の取引スタイルに合っているかを評価できるかと思いますので、口座開設に向けて情報を集めている人は参考にしてください。

そもそもXMの「マイクロ口座」とは?

マイクロ口座は、XMTradingが扱っている口座タイプのひとつです。具体的には、以下の3種類の口座を扱っています。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • XMTradingゼロ口座

マイクロ口座の基本的な特徴は次の通りです。

選択できる基本通貨 米ドル・ユーロ・日本円
1ロットの通貨量 1,000通貨
ゼロカットシステム あり
手数料 不要
最大保有可能ポジション数 200ポジション
ポジションごとの最大ロット数 100ロット
最少注文数 MT4の場合:0.01ロット(10通貨)

MT5の場合:0.1ロット(100通貨)

レバレッジ 100~1,000
ボーナス あり
最低入金額 5ドル

次に、スタンダード口座との違いについて解説します。

スタンダード口座との違い

口座タイプ マイクロ口座 スタンダード口座
選べる基本通貨 USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY
コントラクトサイズ 1ロット = 1,000 1ロット = 100,000
レバレッジ 最大1:1000 最大1:1000
入金額以上の損失 ✓(発生しない) ✓(発生しない)
全主要通貨のスプレッド 最低1ピップ 最低1ピップ
取引手数料 ✓(発生しない) ✓(発生しない)
最大保有可能ポジション 200ポジション 200ポジション
最小取引サイズ 0.01ロット (MT4)
0.1ロット (MT5)
0.01ロット
ポジションごとの最大ロット数 100ロット 50ロット
取引ボーナス
口座開設ボーナス
ヘッジ可能
最低入金額 5$ 5$

主な違いとして、1ロットあたりの通貨量・ポジションごとの最大ロット数があげられます。

スタンダード口座における1ロットあたりの通貨量は100,000通貨、ポジションごとの最大ロット数は50ロットです。ちなみに、最少注文数はマイクロ口座と同じ0.01ロット(公式サイトにMT5に関する記載はなし)です。

ただし、1ロットあたりの通貨量が異なる点には注意しなければなりません。同じ0.01ロットでも、最少注文数は10通貨と1,000通貨です。

選択できる基本通貨・ゼロカットシステムと手数料の有無・レバレッジの倍率・適用されるボーナス・最低入金額はマイクロ口座と基本的に同じで、マイクロ口座であってもスタンダード口座であっても、取引ボーナスや口座開設ボーナスなどは受けられます。

XMのマイクロ口座のメリット

ここからは、マイクロ口座独自のメリットについて紹介します。

メリット①通貨単位が小さい

最も大きな特徴は、1ロットあたりの通貨量が小さいことです。

1ロットあたりの通貨量は、スタンダード口座の100分の1になります。1ロットあたりの価値は、マイクロ口座のほうが低いといえます。FXの取引量は1ロットあたりの通貨量から影響を受けるため、マイクロ口座は少量あるいは少額から取引できる口座と考えられます。

例えば、米ドル/円(1ドル100円で計算)を1ロット保有するときに必要な保証金は、マイクロ口座10万円(1,000通貨=1,000ドル)、スタンダード口座1,000万円(100,000通貨=100,000ドル)となります。通貨単位が小さいため、必要な証拠金はスタンダード口座よりも小さくなり、想定される損益も小さくなります。

ちなみに、両口座とも、MT4における最少注文数は0.01ロットです。

メリット②ハイレバレッジでの取引が可能

マイクロ口座は、最大で1,000倍までレバレッジを利かせられます(スタンダード口座と同倍率)。レバレッジは、預け入れた証拠金よりも大きな資金で取引できる仕組みを指していて、レバレッジが1000倍であれば、証拠金の1,000倍にあたる資金を使って取引を行えるというものです。

レバレッジ1,000倍を利かせれば、米ドル/円(1ドル100円で計算)の場合、100円で1ロット(1,000通貨)を保有できる計算になります。
ちなみに、最大レバレッジ1,000倍を適用できるのは5ドル-20,000ドルです(20,001ドル-100,000ドルは最大200倍、100,001ドルは最大100倍)。
また、マイクロ口座の最低入金額は5ドルとなっています。

メリット③小額から取引が出来てリアルな口座で実践しやすい

以上の特徴からわかる通り、マイクロ口座は少額から取引を行える口座です。

リスクをコントロールしながら、リアルな口座で実戦経験を積める点が強みといえ、例えば、経済的な負担を抑えながら、取引に慣れる、新しい取引スタイルに挑戦する、EAの運用成績を検証するなどが可能です。

さまざまな取り組みを行ってから、スタンダード口座へ移行して本格的に取引を始めることもできますので、目的によっては、使い勝手の良い口座といえます。

XMのマイクロ口座のデメリット

マイクロ口座には、理解しておきたいデメリットもあります。代表的なデメリットとしてあげられるのが以下の3点です。

デメリット①大きく利益を上げるのは難しい

最初に理解しておきたいのが、想定される損失とともに想定される利益も小さくなってしまうことです。このデメリットは、1ロットあたりの通貨量が小さいために起こります。

ポジションごとの最大ロット数は、マイクロ口座100ロットに対しスタンダード口座50ロットです。一見するとマイクロ口座のほうが大きいように思えますが、1ロットあたりの通貨量が1,000通貨のマイクロ口座では100ロット保有しても100,000通貨にしかなりません。
ちなみに、100,000通貨は、スタンダード口座における1ロットあたりの通貨量です。

以上の特徴があるため、マイクロ口座でスタンダード口座を上回るような利益を上げることは難しいと考えられます。

デメリット②ゼロ口座よりもスプレッドが広い

XMTradingは、ゼロ口座も扱っています。ゼロ口座は、マイクロ口座よりもスプレッドの幅を狭く設定している口座タイプで、その特徴から取引回数が多くなるスキャルピングなどに向いていると考えられています。

以上からわかる通り、マイクロ口座の取引コストは、ゼロ口座よりも割高になってしまいます。ただし、ゼロ口座は、マイクロ口座で受けられる取引ボーナスを受けられません。

両口座の特徴は異なるため、目的に合わせて選ぶことが重要といえるでしょう。

 

・関連記事>>>XMのゼロ口座のメリットとは?スタンダード口座と比較して解説!

デメリット③取引の実感が湧きにくい

上記の他には、必要証拠金の額、損益の額とも小さくなるため、緊張感を持った取引を行いにくい点もデメリットとしてあげられます。

スタンダード口座で経験するようなプレッシャーは基本的に味わえません。1回あたりの取引における損益が数十円~数百円になると遊び感覚に思えてしまう人もいるでしょう。

とはいえ、自己資金を使って取引の経験を積むことはできます。少額であっても、「自己資金を使う」「自己資金を使わない」には大きな差がありますので、リスクを抑えつつ経験を積んでから、スタンダード口座に切り替えて大きな利益を狙うとよいでしょう。

XMのマイクロ口座の注意点

マイクロ口座を開設する前に理解しておきたい注意点を解説します。以下の点を押さえておくと、スムーズに取引を始められるはずです。

他の口座とロットの単位・計算方法が異なる

ここまで説明してきた通り、口座タイプにより1ロットあたりの通貨量は異なります。したがって、1ロットあたりの必要証拠金も異なります。
必要証拠金は以下の計算式で求められます。

必要証拠金=為替レート×ロット数×1ロットあたりの通貨量÷レバレッジ

例えば、1ドル100円でレバレッジが1000倍であれば、必要な証拠金は100円(=100円×1ロット×1,000通貨÷1,000)になります。ちなみに、スタンダード口座の必要証拠金は10,000円です。

マイクロ口座とスタンダード口座では最大ロット数も異なるため、必要証拠金などを求めるときは計算方法に注意が必要です(マイクロ口座は「ロット数」に100、スタンダード口座は「ロット数」に50を代入)。

 

・関連記事>>>XMの1ロットはいくら?必要証拠金とともに解説!

通貨単位のシンボル表記が異なる

口座タイプによって、通貨ペアのシンボル表記が異なる点にも注意が必要です。

スタンダード口座のシンボルは、microやドットなど、余計な文字や記号が付与されていません。例えば、「米ドル/円」であれば「USDJPY」、「ユーロ/円」であれば「EURJPY」のようにシンプルな表記になります。

これに対し、マイクロ口座のシンボルは末尾に「micro」が付与されています。具体的には、「米ドル/円」であれば「USDJPYmicro」、「ユーロ/円」であれば「EURJPYmicro」のようになります。

ちなみに、ゼロ口座のシンボルは末尾にドットが付与されています。したがって、「米ドル/円」であれば「USDJPY.」のようになります。

通貨ペア・スプレッドがスタンダード口座と同じ

取り扱い通貨ペアとスプレッドの幅はスタンダード口座と変わりません。
したがって、スタンダード口座と同じ通貨ペアで取引を行えます。

一般的に、XMTradingのスプレッドの幅は平均的と評価されています。実績や信頼性は平均以上と評価されるケースが多いため、XMTradingのマイクロ口座は非常に魅力的な口座タイプと考えられます。

EAが使用できる

マイクロ口座では、EAを使用できます。EAは「Expert Adviser」の頭文字で構成される略語です。日本語で自動売買プログラムと訳されます。

少額で取引を行えるため、マイクロ口座はEAの検証に利用しやすい口座タイプといえるでしょう。

XMのマイクロ口座はこんな人にオススメ

最後に、マイクロ口座がどのような人に向いているのかを解説します。

少額から海外FXを始めてみたい人

最初にあげられるのが、少額から海外FXに挑戦してみたい人です。
ここまで説明してきた通り、マイクロ口座の1ロットあたりの通貨量は1,000通貨、最少注文数は0.01ロットです。

また、取引ボーナスや口座開設ボーナスも受けられます。
したがって、金銭的な負担を抑えつつ海外FXを始められます。海外FXの初心者やリスクをコントロールしたい人に向いている口座タイプといえるでしょう。

ただし、デメリットで説明した通り、大きな利益をあげることは基本的にできません。利益を重視したい人は、取引に慣れたタイミングなどでスタンダード口座へ切り替える必要があります。

使える資金が少ない人

海外FXに利用できる手元の資金が少ない人にも向いています。というのも、わずか10通貨(1ロット1,000通貨で最少0.01ロットから注文可)から取引を行えるうえ、レバレッジを1,000倍まで利かせられるため少額でも取引を行えるからです。

また最低入金額が5ドルに設定されている点も特徴で、XMTradingのマイクロ口座であれば、手元資金に余裕がない人でも口座を開設して海外FXを始められます。

利益を積み重ねてからスタンダード口座へ移行して、さらなる利益を狙うことも可能です。

リアルな口座で取引をしたいヒト

以上のほかでは、リアルな口座で取引の経験を積みたい人にも向いています。

デモ口座でも海外FXを体験できますが、自己資金を利用しないため経験値を大きく上げることはできません。なぜなら、損失を出しても痛くもかゆくもないため、評価・改善につながりにくいからです。
そのため、単に操作感を確かめるだけに終わってしまうことが少なくありません。

同様の理由で、海外FXに必要なメンタル的な強さも鍛えられないと考えられています。デモ口座でどれだけ練習しても、ここぞという場面で冷静さを失うなどの経験を積むことはできないからです。よって、デモ口座はあくまでも体験用の口座タイプといえるでしょう。

これに対し、自己資金を利用するマイクロ口座は実戦経験を積める口座タイプです。そのため、相場が大きく変動すると、緊張することが少なくありません。

海外FXにできるだけ早く慣れたい人は、デモ口座ではなくマイクロ口座の開設を検討してみてはいかがでしょうか。

マイクロ口座はメリットが大きい口座タイプ

XMTradingのマイクロ口座について詳しく解説しました。

大きな特徴は、スタンダード口座よりも1ロットあたりの通貨量が少ないことです。これにより少額での取引が可能になります。リスクを抑えつつ海外FXに挑戦したい人におすすめの口座タイプです。

ただし、スタンダード口座ほどの利益を期待することは基本的にできず、デメリットもあるため、特徴を理解してから選択することが重要です。
自身の取引スタイルに合っていると感じた人には、XMTradingのマイクロ口座の開設をおすすめします。

 

・関連記事>>>XMとは?メリット12選とデメリット5選をトレーダーの評判とともに解説!