XM FX

今回日本でも大きく普及してきている海外FXのFBSに関してメリットデメリット、評判をまとめたいと思います。

FBSとは

FBSとは2009年に設立し、現在世界190カ国以上で活動するインターナショナルなFX業者です。

800万人のトレーダーが口座を開設し、日々8,000人の新規顧客を獲得しています。

これだけでも非常に実績たる業者であることが想定できますね。

「以下世界中で使われてるよ~」っていう公式ムービーです。

安全性・出金拒否などは?

日本人が特に気にするのはこの点ではないでしょうか。

やはり、日本業者のほうが安心ってのは当たり前な感覚だと思います。

しかし、FBSは非常に安心できる業者です。

私も今までに何度も利用していますが、今まで一度も出金拒否をされたことはありません。

また、ライセンスもロシアのベリーズを取得しており、信頼性においては十分でしょう。

FBSで口座開設するメリット

これはなんといっても他にはない豪華なボーナスやキャンペーンでしょう。

また、よく比較対象とされるXMよりスプレッドが狭い点が大きいのではないでしょうか。

$123ボーナス(未入金OK)

口座開設だけで、$123ボーナスが貰えすぐにトレードできます( ´∀` )

日本円で約14,000円分のトレードが出来るわけです。恐ろしいですね。

注意点としては、「取引lot数×$3」利益の出金条件あり。

ただ有効期限もあり、このボーナスでのトレードは7日間が有効期限となります。

「7日間だけかよ…条件きついわ…w」って方は次、

今すぐ$123ボーナス口座を開設する。

$50ボーナス口座

$123ボーナス口座とは別に期間無制限ボーナス口座です。こちらも入金不要。

素晴らしすぎますね。

出金条件は「2.5ロットの取引及び$25以上の利益」なので楽勝ですね。

XMが¥3,000なのでこちらの勝利です。

XMのボーナスは以下に詳しく書いてます。

今すぐ$50ボーナスで取引する。

最強何度でも100%ボーナス!1回最大約200万まで!

100%入金ボーナスは初回のみ海外業者であれば、どこの業者も10万まで!とかしているかもしれませんが、

FBSはなんと何度でも100%ボーナス・1回の入金時上限約200万なのです。

これは凄すぎる!!!

例えば200万円入金したら200万のボーナスが貰えます。何度でもです。

※当たり前ですが入金ボーナスを繰り返し上乗せして増やすことはできません笑

定期的に最新iPhoneとか貰える

なんとこんなキャンペーンも常にしています。

条件達成で今なら誰でもiPhone X貰えます

と言うのも、FBSは「A Lots of Apples」というキャンペーンをしていて以下条件クリアで貰えます。

賞品のiPhone X 256 GBを獲得するためには、次の条件を達成する必要があります:

    1. プロモーション期間中にお客様の取引口座への5000ドル以上の入金が必要です。
    2. 取引口座に500ロット以上の取引が必要です。(セント口座の場合は、1ロット=0.01スタンダードロット)
    3. 5000ドル以上の入金および500ロット以上の取引の両条件は、ひとつの取引口座で達成しなければいけません。

難しいように思うかもしれませんが、勝てるトレーダーからすれば楽勝です。

 条件クリアへの道 

  1. 50万利益が出たら出金⇒入金するだけ(しかも入金ボーナスで100万円でトレード再開)
    合計で50万円分の入金です。
  2. 1年以内にすればいいだけですので、利益が上がるトレーダーなら誰でも行くと思います。
  3. 普通に出来ますね(笑)

入金総額と取引されたロット数の計算は、今年3月24日から翌年3月23日までに設定されます。

毎年3月24日に、新しいプロモーションサイクルが始まり、すべての参加者の結果がリセットされます。

最大レバレッジ3000倍

これは現在No.1レバレッジです。

その倍率なんと3000

凄すぎます。単純に1万円で3000万円分の取引ができますからね。

以下はレバレッジ2750倍で10万円が4回の取引、合計40Pipsで10万円が1,500万に到達するシミュレーションです。

資産 購入ロット数 必要証拠金 利益 取引後総資産
Day1 100,000円 25Lots 309,685円 250,000円 350,000円
Day2 350,000円 87.5Lots 1,083,896円 875,000円 1,225,000円
Day3 1,225,000円 306.25Lots 3,793,637円 3,062,500円 4,287,500円
Day4 4,287,500円 1071.88Lots 13,277,793円 10,718,800円 15,006,300円

FBSの場合必要な証拠金は10ロット(100万通貨)でたったの約3700円になります。

XMの場合ですと12,000円くらいです。国内口座だと何十万でしょうか。(笑)

上のシミュレーションを自由に扱えるようツールにしました。以下のページで試してみてください。

入金額以上の損失なし!ゼロカットシステム採用済み

海外FXではもはやおなじみとなったゼロカットシステム。

FXは何か世界情勢に影響を与える事件があると大きく変動します。

直近ではスイスフランショックやブレグジットショック(EU離脱)などがその例です。

歴史的に 凄いことです。一気に大暴落しました。

こんな荒れた相場では国内FX口座の場合、証拠金以上の損失が発生し、

上手く注文も確定せず損切もできません。

国内口座ではゼロカットシステムなど存在しないため追証(借金)が発生します。

こんなことに巻き込まれた口座は-¥1,000,000などと表示され、FX業者から「追証が発生しています。翌日までに¥1,000,000を入金してください」なんてメールが来て地獄が始まりますw

しかし!どんなに注文ができずとも寝てようともFBSはゼロカットシステムにより-¥1,000,000なんて請求が来ません。

追証はFBSが負担してくれているのです!

これが理由で海外FXを選ぶ人が多いです。要するに借金になる確率0%なわけです。

ちなみにロスカットは20%以下です。

海外FXの中でもスプレッドが非常に狭い

以下、XMとFBSの現在のスプレッドです。

Broker XM FBS
EUR/USD 1.00 pips 0.70 pips
GBP/USD 1.50 pips 1.18 pips
USD/JPY 1.22 pips 0.97 pips
GBP/JPY 1.92 pips 1.67 pips
USD/CAD 1.89 pips 2.12 pips
EUR/AUD 2.17 pips 1.96 pips
EUR/JPY 1.62 pips 1.28 pips
EUR/GBP 1.17 pips 1.84 pips
NZD/USD 1.70 pips 1.01 pips
USD/CHF 1.47 pips 0.92 pips

FBSはスプレッドが基本的に狭く非常に優秀です。

手数料もないので十分スキャルピングも可能ですね。

またNDD方式を採用しており、約定も非常に速いです。

NDD方式について – XM(旧XEmarkets)のスプレッドはデメリットではない?

話題のビットコインも500倍で出来る

海外FXブローカーとしては珍しく、FBSはビットコインにも対応しています。

さすがに3000倍とは行きませんが500倍で取引できます。

国内口座では25倍までなのですごいですね。

  • USD/BTC

ハイレバレッジでBTCを取引したければFBSで決まり。

無料VPSサーバーを用意

VPSとは「バーチャル(Vertual)・プライベート(Privat)・サーバー(Server)」の略で仮想専用サーバーと言う意味です。

以下の条件を満たせば無料で使用できます。

  • 初月$450以上の入金
  • 2か月目からは、前月に3ロット以上のお取引

たったこれだけです。楽勝ですね。

VPSを使うメリットはサーバーがさらに安定し約定速度が上がると言った感じです。

FBSはすでにNDD方式なので不必要かもしれませんが、

更に快適な環境を求める場合、役に立つでしょう。

無料で好きなT-シャツすぐもらえる。

どうでも良いサービスだけど、一応紹介します。

FBSでは100種類以上あるT-シャツから好きなものを貰えます。

意識していなくても勝手に以下の条件クリアされてしますのでついででもらうのもアリかもです(笑)

  • 一括で500ドル以上のご入金
  • 2ロット以上のお取引(セント口座では、200ロット以上)

パジャマ代わりにはなりますかねw

FBSで口座開設するデメリット

記事が長くなったため別記事に分けました。

Categories: FBSFX