XM FX

どうもこんにちは!

最近、円安が続いているということで、かなり話題になっていますね。

確かに、円安にはデメリットがありますが、FXにおいては大きなチャンスとなります!

しかも、海外FXで使えるハイレバレッジ取引と掛け合わせればかなり大きな利益をねらことができます!

「海外FXのハイレバレッジ取引は危険なのでは?」と心配な方もいるかと思いますが、ゼロカットシステムを採用しているXMなら、口座に入金した以上の損失はでないため、むしろ国内FXより安全といえるのです。

今回は、円安相場に後押しされた上昇トレンドを使って、久々に低資金で100万円越えの爆益を出したので記事にします!と言うかしなければ!

まだまだ円安は続きそうなので、この記事を参考に爆益をねらってくださいね。

近年稀に見る円安相場

為替相場では、3月ごろから近年稀に見る円安相場が続いています。

それぞれ主要通貨の対円レートを確認しておきましょう。

▶︎USD/JPY日足チャート

▶︎EUR/JPY日足チャート

▶︎GBP/JPY日足チャート

▶︎AUD/JPY日足チャート

▶︎NZD/JPY日足チャート

 

▶︎CAD/JPY日足チャート

動きの荒さがある通貨ペアもありますが、どれも大きな上昇トレンドを描いていますね。

特にUSD/JPYは綺麗な上昇トレンドを描いています。

それでは、なぜこの円安ドル高は生じているのでしょうか?

円安が続いているファンダメンタルズ的要素

5月下旬から少し円安の進行が止まりましたが、再び復活し、現在も継続しています。

今後も円安トレンドが続く可能性は高いとされていますが、なぜこれほどまでに円安が続いているのでしょうか?

円安の原因

円安進行の理由としてあげられるのが、まず、今後も日本・円サイドで円買い材料が現れそうにないということです。

日銀は4月の決定会合で連続指し値オペの毎営業日実施を決定し、少なくとも黒田総裁任期中に緩和縮小へ転じる可能性が低いことが浮き彫りになりました。

また、実需面での円安材料となっている日本の貿易赤字も当面解消が見込みないということも円安が続く原因としてあげられるでしょう。

これは、制裁を受けるロシアの生産減によって原油の需給はタイトな状況が続き、原油価格が高止まりすると予想されるためです。

従って、円安ドル高基調が収まるためには、米国のインフレが抑制に向かうことで米利上げ加速観測が後退したり、米景気減速懸念が台頭したりするなど、米国・ドルサイドでドル売り材料が顕在化する必要があります。

円安ドル高はどこまで続く?

FRBが急ピッチの引き締めを続ける以上、いずれは米国のインフレが抑制に向かったり、景気減速懸念が台頭したりする可能性が高いと見ていますが、足元の情勢を鑑みると、当面そうした事態は見込みづらいでしょう。

従って、今後夏場までは円安ドル高がさらに進むと予想でき、2~3ヵ月のうちに一時的に135円に達する可能性が高いと見ても問題ないでしょう。

その後、秋になると緩やかな円高ドル安基調に転じるというのが大方の予想です。

利上げが進むことで先々の米国の景気減速リスクが意識されやすくなるうえ、供給制約の緩和や一部利上げ効果もあって米国の物価上昇率の鈍化傾向が見えてくることなどがドルの抑制材料になることが要因です。

夏場にかけて上昇したドル円は、年末にかけて1ドル130円程度まで下落するのではないでしょうか。

ただし、ウクライナ情勢や供給制約問題などの不確実性は高いため、ドル円も幅を持って見ておいたほうがいいでしょう。

円安の時間帯が長引いたり、さらなる利上げ観測によって1ドル135円を超えて円安ドル高が進み、140円に達したりする可能性も排除できません。

「円安×888倍のハイレバレッジ取引」で爆益を狙え!

近年稀に見る円安相場となっている為替市場ですが、どのように活用すればいいのでしょうか?

その答えは、「円安×888倍のハイレバレッジ取引」で爆益を狙うということです。

ハイレバレッジ取引は危険なのでは?

海外FXをあまり使い慣れていない方やFX初心者の方の中には、

「レバレッジは危険と聞いているけれど、ハイレバレッジ取引は危ないのでは?」

というように漠然とした不安を抱えている方も多いです。

しかし、レバレッジとは資金効率をよくしてくれるツールであって、決して危険なものではありません。

例えば、USD/JPYにおいて1ドル130円というレートで1Lots(100,000通貨)のポジションを持つと仮定します。

このとき、最大レバレッジが25倍と制限されている国内FXでは、取引にかかる資金は以下のようになります。

130円×100,000通貨÷25倍=520,000円

一方、最大レバレッジ888倍であるXMを使えば、取引にかかる資金は以下のようになります。

130円×100,000通貨÷888倍=14,640円

上記の数値を見てもわかるように、同じ通貨量のポジションを持つ場合、レバレッジが高いほど取引に必要な資金が少なくて済むのです。

取引に必要な資金が少なく済むということは、取引ロット数を増やしたり、他の通貨ペアや金融商品に資金を回すなどが可能になるため、より資金効率よく運用することができます。

海外FXならではの「ゼロカットシステム」で追証が発生しない

FXでは、強制ロスカット機能というものが備わっており、証拠金維持率が一定値を下回った時に、強制的にポジションを全てクローズする仕組みが採用されています。

証拠金がマイナスになって追加で証拠金を支払う事態(追証)が発生しないようにするのが強制ロスカットの役目なのですが、急な相場変動に巻き込まれた時には、強制ロスカットが間に合わず、多額の追証が発生することもあります。

「追証が発生するなら、ハイレバレッジ取引で取引ロット数を増やしてしまうのは危険なのでは?」

このように思う方もいるかと思いますが、XMなど海外FXブローカーでは「ゼロカットシステム」を採用しているため、追証が発生しません。

口座残高が万が一マイナスとなった場合、一定時間経過後、もしくはカスタマーサポートに申請後、口座残高を0に戻してくれるのです。

国内FXではこのゼロカットシステムは採用されておらず、追証という問題を考える上では、むしろXMなどの海外FXブローカーで取引した方が安全だといえるでしょう。

XMの888倍を使って100万円越えの爆益!

それでは、どうやって「円安×888倍のハイレバレッジ取引」で利益を狙っていくのか実際のトレードを具体例にして解説していきます!

今回ご紹介するトレードは、2022年の5月31日から2022年の6月10日までの11日間で100万円を突破したトレードになります。

スキャルピングのようにエントリーとイグジットを繰り返すのではなく、ポジションを保有しておくだけですので、毎日数分間の相場状況の確認はあれども、エントリーしてしまえば基本的には放置しておくだけです。

それではトレードの詳細を見ていきましょう!

エントリーポイントとイグジットポイント

上記のチャートはUSD/JPYの1時間足になります。

私は普段から基本的に、移動平均線と一目均衡表でトレンド相場かレンジ相場かの判断をしてます。

今回のチャートでは、左下の緑色の四角のところで売りと買いがもみ合っていて、レンジを相場を形成したのち、移動平均線でパーフェクトオーダーが生じてトレンドが発生し始めました。

一目均衡表の雲も徐々に分厚くなっていくのを確認したのち、黄色の丸のところでエントリーしています。

イグジットポイントは右上の黄色の四角のところです。

直近高値を更新しなかったことと、米国消費者物価指数(CPI)の発表がせまってきていたので、十分な利幅がとれたこともあり、欲張らないでトレードを終了させました。

取引詳細

今回の詳しい取引内容は以下の通りです。

  • エントリー時刻:2022.05.31 13:20:28
  • 決済時刻:2022.06.10 08:12:45
  • スプレッド:2.0pips
  • 取引Lot数:2.0lots(200,000通貨)
  • エントリー価格:127.912円
  • 決済価格:133.857円
  • スワップ損益:+398円
  • 損益:1,181,398円

エントリー価格は128.613円です。

利益目標としては、日足での直近高値に当たる130円付近です。

円安ドル高に押されたかなり強い上昇トレンドなので、130円を超えても伸びそうなら、さらに利益を狙って行くと決めてエントリーしました。

損切りポイントは、1つ下にあるレンジの底でである126.600円あたりです。

取引結果

上記が今回の取引結果となります。

先ほども説明しましたが、直近高値を更新しなかったことと、米国消費者物価指数(CPI)の発表がせまってきていたので、十分な利幅がとれたこともあり、欲張らないでトレードを終了させました。

決済価格は133.857円で、損益は+1,181,398円です。

円安を最大限活用せよ!

いかがだったでしょうか?

今回は、最近の円安相場の解説と共に、「円安×888倍のハイレバレッジ取引」で100万円の爆益を得たトレードの詳細を紹介していきました。

今後おそらく円安ドル高相場は、秋頃まで続くと見込まれています。

夏場までは円安ドル高がさらに進むと予想でき、2~3ヵ月のうちに一時的に135円に達する可能性が高いと見ても問題ないでしょう。

調整局面はいくつか挟むと思いますが、うまく円安に後押しされた上昇トレンドに乗れば大きな利幅を狙うことが可能です。

さらに、XMの最大888倍のハイレバレッジ取引をうまく活用すれば、低資金でもより多くの利益を狙うことができます。

資金数万円から2週間ほどで100万円越えも夢ではありません!

円安が続くであろう現在はFX初心者のかたでもトレードしやすく、大きなチャンスとなっているので、ぜひこの機会にトレードを始めてみてくださいね!